2017年11月24日金曜日

「なんとなく」オアハカに来る人の心理

The Magic of Oaxaca

-人生を変えるオアハカ留学-



こんにちは
メキシコ南部オアハカにあるスペイン語語学学校 Instituto Cultural Oaxaca(ICO)の
日本人スタッフ遠藤(Nobu)です^ ^

【「人生」を変えるような経験をオアハカでしてほしい】

そんな想いでオアハカやスペイン語の魅力を発信しています😊



そもそも、なぜオアハカに来るのか?






「オアハカを知っている人なんて日本人の1%もいないでしょ」

「オアハカなんて日本から遠すぎて行かないでしょw」



中南米に造詣の深い方々からもこのように形容されるのが「辺境の町」オアハカです。

ですが、ちらほらと日本の方がいらっしゃるというのもまた事実です。

今回は「なぜオアハカに来るのか?」というテーマを通して、「The Magic of Oaxaca -人生を変えるオアハカ留学-」というコンセプトを掲げている理由をお話しします。



タイプA:明確な理由がある方々

経験上、オアハカに来る方々はざっくり以下の2タイプに分かれます。

タイプA:明確な理由がある方々
タイプB:「なんとなく」来る方々



タイプAの方々で非常に多いのが「オアハカの雑貨」が好きな方々です。

「好き」という言葉では足りないくらい、情熱に溢れている方も珍しくなく



「◯◯村の◯さんっていう職人さんに会いに来ましたー!

というくらい、目的が明確だったりします。












確かにオアハカは知る人ぞ知る「雑貨・手工芸」で有名な町です。日本人の方が執筆した雑貨の本があったり、「弾丸ト◯ベラー」という旅行番組で人気モデルがショッピングにやって来たりする程です。






タイプB:「なんとなく」来る方々

さて本題はこちら、オアハカに「なんとなく」来る方々です。










「なんとなくって、、そんなバカにゃ…」

と思うかもしれませんが、これが意外といらっしゃるんです笑


  • 旅行の途中で、なんとなく〜
  • 英語圏以外のところに行ってみたくて、なんとなく〜
  • 日本人があんまりいなそうだったから、なんとなく〜



肌感覚としては、日本人の学生さんの50%弱(!)はこんな感じです(^.^)

オアハカでなければならない理由は一つもありません。スペインでもグアテマラでも、メキシコの他の地域だって本当は構わないはずなんです。



それでもオアハカに来て下さるんです。
なぜでしょうか?


いえいえ、決してバカになんてしてないですよ。むしろ、その逆です。




◆ポイントはここです



「なんとなく」来る方々は、本能に従って行動している




TED「本能で何か違うな、と思ってもそれを言語化できない」






◆あのスティーブ・ジョブズ氏も本能の大切さをこう語っています。


「自分のやりたいことがまだ見つかっていないなら、探し続けることだよ、じっとしてちゃいけないよ。

やりたいことが見つかるときというのは、本能的に感じるものなんだよ。その時がきたら、恋をしたときのように、どんどんハマっていくものなんだよ」



つまり、【なんとなく来た=本能に従った】ということだと思うんです。


本能的に、「今のままじゃいけない気がする」「何かを変えてみたい」と感じていて


(ふ〜ん。よく知らないけど、オアハカはいい所みたい)


と、たまたまネットで見つけたわずかな情報だけで、実際に地球の裏側まで来ちゃう方々が約半数もいらっしゃるんです。


すごいことだと思いませんか?




ですので、


「今の生活も悪くはないんだけど、なんか違う気がする…」


「このままじゃいけない気がする」


みたいな、モヤモヤ(本能)を感じている方にこそオアハカに来てほしい!

と考えているんです。




「なんとなく」でいいんです

漠然とした理由でいいんです



何かを変えるためにオアハカに来てほしいんです。




そうすればきっと「人生」だって変えられる




僕はそう信じています。


それが【The Magic of Oaxaca -人生を変えるオアハカ留学-】をスローガンに掲げている理由です。




それでは今回はこの辺で

おわり

Nobu

0 件のコメント:

コメントを投稿

>>こちらの記事も読まれています!

短期のプログラムをお探しの人におすすめ!

短期のプログラムをお探しの人におすすめ!
スペイン語も文化も観光も体験したい人にオススメ!