2018年2月7日水曜日

【体験談】また必ず戻ってきたいなと思えた

The Magic of Oaxaca

-人生を変えるオアハカ留学-



こんにちは
メキシコ南部オアハカにあるスペイン語語学学校 Instituto Cultural Oaxaca(ICO)の
日本人スタッフ遠藤(Nobu)です^ ^

【人生を変えるような経験をオアハカでしてほしい】

そんな想いでオアハカやスペイン語の魅力を発信しています😊




【体験談】メインコース:4週間 + プライベートレッスン:20時間 

昨年12月から先月末まで留学されていたShotaさんから体験談が届きました!

彼は年越しの瞬間を共にした戦友です(笑)

体験談にも快くご協力頂き感謝しております。



(過去の学生さまの体験談へは以下のリンクから飛べます)








では早速、留学内容をまとめます。


  • プログラム名:メインプログラム+プライベートレッスン
  • 留学期間:4週間+4週間(プライベートレッスンは1時間毎でアレンジ可能)
  • 滞在方法Hostel Andaina(中心地近くのホステル)



メインプログラムに含まれるのは以下の内容です。

  1. スペイン語グループレッスン 4時間/日(スペイン語習得クラス 3時間+会話クラス 1時間
  2. インテルカンビオ 1時間/日(日本語を勉強しているメキシコ人との交流会)
  3. ワークショップ 2時間/日(料理教室・サルサ・織物体験などのアクティビティ)


プライベートレッスンの内容とスケジュールは事前にご相談くださいませ。旅行会話・ビジネススペイン語・医療スペイン語など、学生さまのご要望にお応え致します。

プログラムの詳細についてはスタッフまでお問い合わせ下さい。



留学前に不安だったこと

まず「留学前に不安だったこと」を答えて頂きました。

(以下、箇条書きの項目と『』内の斜字が体験談)

  • 治安


不安要素は治安のみというお答えです。

Shotaさんの場合、オアハカに来る前にグアテマラで留学されていたので、語学面や食事面での不安が少なかったのかもしれません。




実際にオアハカに滞在した印象 




『街も人々も、とても落ち着いた印象です。徒歩圏内にカフェ・バー・レストラン、スーパーマーケット、と何でもあるので生活する上ではとても便利でした。とにかく人が優しいのでまた必ず戻ってきたいなと思えた街です。



初めての海外で気になっていた治安に関しても、とても安全な街だと感じました。無責任なことは言えないですが、日本に居る時と同じように自覚を持って生活していれば問題はないと思います』

2018年2月1日木曜日

【体験談】ホームステイでスペイン語を習得

The Magic of Oaxaca

-人生を変えるオアハカ留学-



こんにちは
メキシコ南部オアハカにあるスペイン語語学学校 Instituto Cultural Oaxaca(ICO)の
日本人スタッフ遠藤(Nobu)です^ ^

【「人生」を変えるような経験をオアハカでしてほしい】

そんな想いでオアハカやスペイン語の魅力を発信しています😊





【体験談】メインプログラム 24週間

(時期外れですが…)あけましておめでとう御座います。


クリスマスを終え、年を越し、気付けば2月に突入していました!

クリスマスシーズンが終わったら、閑散期…

かと思いきや、ずっと学生さまで賑わっていました。アメリカ・カナダの方々は「避寒地」としてこの時期にオアハカにいらっしゃるようです。




さて本題です。


昨年の9月末まで留学されていたS・Tさんから体験談が届きました!!

日本に帰ってからもご連絡下さるのは本当に嬉しいですし、ありがたいですね(o^^o)



では早速、留学内容をまとめますね。


  • プログラム名:メインプログラム
  • 留学期間:24週間
  • 滞在方法:ホームステイ


メインプログラムに含まれるのは以下の内容です。

  1. スペイン語グループレッスン 4時間/日(スペイン語習得クラス 3時間+会話クラス 1時間
  2. インテルカンビオ 1時間/日(日本語を勉強しているメキシコ人との交流会)
  3. ワークショップ 2時間/日(料理教室・サルサ・織物体験などのアクティビティ)


プログラムの詳細についてはスタッフまでご連絡下さい。




ICOへの留学を決めた理由







(以下、『』内の斜字が体験談)


『私は元々メキシコという国に興味があり、行くとしたら長期で行きたいなと思っていました。

スペイン語を学ぶ事自体に興味は無かったのですが笑、長期で行くのであれば、せっかくなので語学を身に付けられたらと思い日本人スタッフが常駐しているICOに通おうと決めました。

メキシコの中でも治安が良いとされるオアハカにあったことも決め手でした。

その後2017年4月から約半年間、ICOに通いました』



「スペイン語に興味はなかった」という大変正直な意見ですが笑

留学後半の頃には日常会話において全く問題ないレベルまで上達していたと思います。



やはりスペイン語が話せるのと話せないのとでは、聞き手の反応が全然違いますし、自分自身の積極性も変わってくると思います。



スキルとして学ぶのも一つですが、留学生活をさらに楽しむための手段としてスペイン語を勉強するというのも素敵な理由だと感じます。




学校について



インテルカンビオ(言語交流会)のパートナーたちとパーティー


『スペイン語力は恥ずかしながらほぼ0の状態でメキシコへ飛びました。初日にクラス分けがあり当然1番下のクラスになりましたが、他の生徒さん達が割と喋れたので、全く喋れない私の為に3日目以降新たにクラスを開設してくれました。

そのお陰で、基礎中の基礎がしっかり勉強出来た気がします。
先生方も私が理解するまで親身になって教えてくれました。

学校は街の中心部に位置していたので、放課後は徒歩圏内でショッピングができたり、美術館や図書館、市場に行けたりもしました。

休みの日は、格安の値段で乗れるバスや乗り合いタクシーで郊外の村々にも行けたり、長い休暇を取って一等バスを使ってオアハカ州を出ることもありました』


>>こちらの記事も読まれています!